宅建

宅建の勉強場所はどこがいい?社会人向けおすすめの勉強場所

宅建は、社会人の方も多く受験する資格です。

学生であれば、学校の施設内・塾や予備校で勉強できることが多く、場所に悩むことは少ないと思いますが、

仕事が忙しい社会人にとって、勉強に集中する環境を整えるのは結構大変なことですよね。

そこで今回は、わたしの経験を踏まえて、

独学・通信講座 で宅建の勉強を頑張っている社会人向けに、おすすめの勉強場所をまとめました。

勉強場所その1 自宅

まずは鉄板、自宅ですね。

しかし、私は自宅の机で勉強する という行為が本当に苦手なんですよね…

わたし

机に向かうと眠くなるし、眠気には勝てないですよね。

そこで、自宅の机に向かって勉強する時は以下の時だけにしていました。

自宅の机で勉強するときは…
  • 朝の勉強で、過去問を解く時
  • わからない部分をまとめる時(最低限の部分だけ)

以上です!これ以外は、自宅で勉強しません。

まず、私の場合、夜は眠くなってしまうので家での勉強はしません。

必ず朝だけです。

そして、過去問を解く時だけは机に向かって勉強してました。

また、わからないところをまとめる時も、机に向かってましたね。

ただ、私はノートを作るのが苦手だったので必要最低限事項のみ

参考書の空いてるスペースで足りるのであれば、そこにちょこちょこと書いたりしていました。

自宅でずっと座っていると腰痛がやばくなるので、クッションをお供に勉強していました。

ちなみに、参考書や動画講義のインプットや一問一答は、自宅の机以外でやっていることが多かったのでそれについて、紹介します。

眠くなりそうなときは、立って勉強

仕事終わりでも家で勉強する日は、眠くなってしまうので、立ちながら参考書や動画を見たりしていました。

私の場合は、キッチンのあたりに立ってよく勉強していました。

わたし

実家だと、キッチン前のカウンターとか、立ちながら勉強するのに高さがちょうどよかったですね。(笑)

やる気がないときは、ベッドの上で勉強

ベッドの上でもよく参考書や動画を見ていました。

土日とか休日で、布団から動きたくないときによくやっていましたね…。

別に机で勉強しなきゃいけないっていう決まりはないですからね。

わたし

イメージとしては、寝る前に、布団の中で読書してから寝る人いるじゃないですか。あんな感じです(笑)

勉強場所その2 カフェ・ファミレス

これまた鉄板の場所、カフェやファミレスですね。

でも、せっかく飲み物代を払って勉強するのに、落ち着いて勉強できなければ意味がありません。

カフェやファミレスで勉強するときは、最低1時間半~2時間くらいいても落ち着けるお店を選んでいました。

混雑しやすい駅近のお店などは避けて、長時間勉強していても疲れないゆったりしたソファー席があるお店をよく利用していました。

あと、これは私だけかもしれませんが「都内のスタバ」って意外と集中できないんですよね…

おしゃれすぎて逆に気が散る、席の間隔が結構近いから集中できない、若い子たちのガールズトークが気になってしまう…など色々と勉強に不向きだなと思っていました。

わたし

おすすめは、駅から5~10分歩くファミレスですね。

勉強場所その3 会社の会議室

宅建の合格体験記とかを見ていると、結構「朝1時間早く出社して、会社で勉強していました」って方が多かったんですよね。

確かに、朝の会社だと人が少ないから集中できるかもしれませんね!

でも私は、宅建受験することを周りに話していなかったので、これはやっていませんでした。

会社に勉強する環境がある人なら、おすすめです。

勉強場所その4 コワーキングスペース

図書館だと、人気の所は土日だと場所取りが難しかったり、飲食禁止だったりしますよね。

カフェやファミレスも、混んでいたら入れないし…

せっかく外で勉強するなら、宅建の勉強期間だけコワーキングスペースを契約するというのもいいかもしれません。

コワーキングスペースのBIZcomfortは、24時間365日利用可能月額2000円から使えるプランもあります。

wi-fi完備・プリンター有・フリードリンク ってのも嬉しいポイントですよね。

わたし

下手にカフェでお金使って、隣の席がうるさくて集中できないから帰る!なんてことにならないからいいですよね。(結構こういうことあった)

料金は拠点ごとに異なるようなので、公式サイトでお近くの確認してみてください。都内でも複数店舗ありますね。

まとめ 自分が集中できる環境を複数見つけよう

自分が勉強に集中できる環境づくりってほんとに大事です。

私は結構ケチですが、こういう勉強の環境への投資は惜しまずにしていました。

その結果、合格できたのでやはり間違っていなかったんだなと思います。

皆さんも、自分にあった勉強場所を見つけてみてくださいね。