雑記

ニキビが治らない!10年以上肌が汚かった私がニキビを克服した方法5選

私は、中学2年生頃から社会人になるまで、10年近くニキビが治らず、悩まされていました。

特に学生時代は、ぽつぽつ…という感じではなく顔面全体が真っ赤になっていた時期もありました。

肌が汚いと自分に自信もなくなるし、何よりモテません。つらい。

ずっと悩みに悩んで、10年近く時間もお金もかけてあれこれやってきたおかげで、今は「肌がきれい」と褒められるようになりました。

自分の人生で、肌を褒められるようになるとは思いもしませんでした。

わたしは結構ケチですが、ニキビはどこまで時間をかけても、お金をかけても治すべきだと思っています。

今回は、ニキビに悩む人にむけて、わたしがニキビを治すためにやってきて効果があった5つの方法を紹介します。

もちろん、ニキビの原因は人それぞれなので、私が試した方法が皆さんに合うとは限りません。いろいろな方法を試してみるのがいいと思います。

私が試した方法はこちらです。(かかる費用が安い順に挙げます)

  • 炭酸水で洗顔をする
  • オードムーゲをふき取り化粧水として使う
  • ダイエットして食生活に気を付ける
  • 美容皮膚科でピーリングとイオン導入を受ける
  • エステに行ってたまにメンテナンスをする

これらを1つずつ解説していきます。

1.炭酸水で洗顔をする

この方法はネットで見て「炭酸水なら安いからすぐできそう!」と思い、始めました。

炭酸が、皮脂のよごれや古い角質を取り除き、毛穴を清潔にしてくれるのです。

洗面器に炭酸水を入れて、そこでジャブジャブ顔を洗うだけで、肌がつるっつるになって病みつきになります!

私の場合は、炭酸水での洗顔を毎朝取り入れたことで、以前よりもニキビの治りが早くなりました。

また、旅行先など環境が変わるとニキビができやすかったので、毎回、旅行に行くときはコンビニで炭酸水を購入して、顔を洗い、ニキビを予防していました。

炭酸水は100円あればGETできますからね。ぜひ、すぐに試してみてほしいです。

2.オードムーゲをふき取り化粧水として使う

言わずと知れたニキビ用化粧水、オードムーゲです。

元々は消毒液だったようで、殺菌作用がありニキビ用の化粧水として昔から人気がありますね。

私は、オードムーゲをコットンに適量つけて、顔をふきとってから、普段の化粧水・乳液を付けるようにしています。

このひと手間があるとないとでは、ニキビのできにくさが全然違うんですよね…たまにサボると割とすぐニキビができてしまいます。

もちろんニキビ予防だけではなく、できてしまったニキビにも効果的です。

値段も1000円前後で、お金がない学生でも手が届く値段ですね。ニキビ肌の方には男女問わず、オードムーゲはマストアイテムです。

3.ダイエットして食生活に気を付ける

肌がMAXに荒れていた時期は、すごく太っていた時期でもありました。

もちろん、太っていても肌がつるつるの人もいるので一概には言えないのですが…

ストレスでドカ食いすることが多く、脂っこいものや甘いものの食べ過ぎで栄養バランスが偏っていました。

内臓にも肌にも負担がかかっていたのだと思います。

そこで食生活を改め、野菜やフルーツをよく食べるようにして、ファストフード系・お菓子・脂っこいもの・お酒を少し控えるようにしました。

徹底的に控えるというより、適度に控える。という感じです。

肌がきれいになっただけではなくダイエットにもなり、一石二鳥ですね。

ストレスで食べてしまう人は、「食」以外のことに意識を向けるようにしましょう。その辺りはまた別の記事で紹介します。

4.美容皮膚科でピーリングとイオン導入を受ける

私の場合は、最終的に美容皮膚科のピーリングとイオン導入を受けたことが、最も効果がありました。

ピーリングとは、肌に化学成分を塗ることで皮膚を溶かして肌のターンオーバーを促す施術です。

ピーリングにもいろいろ種類があるので、詳しくは病院の先生に聞いてみましょう。

ピーリングとよくセットで施術されるのが、イオン導入です。

イオン導入では、微弱な電流を流しながら肌に良い成分を浸透させます。

電流を流すことで、肌の奥にまで成分を浸透させます。単に肌に塗るだけでは得られない効果ですね。

セットの施術だと、ピーリングをした後にイオン導入になります。

ダウンタイムなどもなく、診察も含めて30分~1時間で終了します。

1回でも効果はありますが、何回続けたら真っ赤にニキビで埋め尽くされていたニキビ肌が一気にきれいになりました。

1つ注意点として、ピーリングを受けたあとは日焼けしやすいので、真夏に施術を受けるのは避けたほうが良いかもしれませんね。

病院によっては、いろいろと種類があったり、キャンペーンをやっていたりします。ネットで予約してみて、実際に先生と相談しながら施術を受けてみましょう。

値段はそこそこしますが、学生ならバイトしてなんとかなるお値段です。

遊びや欲しいものを我慢してでも、やってみる価値があります。

秋葉原駅から徒歩1分の【やさしい美容皮膚科・皮フ科秋葉原院】は夜8時まで営業しており、ネットから予約できるので、よろしければ参考にしてみてください。

フェイシャルレーザープレミアムセット47,790円(税抜)

5.エステに行ってたまにメンテナンスをする

美容皮膚科で、ある程度肌がきれいになったものの、ストレスや生活習慣の乱れで肌が荒れてしまう時が多々あります。

そういう時は、悪化しないうちにメンテナンスを受けるようにしています。

しかし、がっつり美容皮膚科で施術を受けるのは費用もかかるので、ニキビがひどい時だけでいいかなと思います。

そのため、安いエステを探してはメンテナンスに行っています。

「初回だけ」とか「都度払い制」だと、安いお店が多いのでホットペッパービューティーなどで検索しています。

エステ業界大手のエルセーヌでは、たったの1000円で、ニキビ集中ケアの体験エステ <エステのエルセーヌ>を実施していますので、お試しで受けてみるのもいいかもしれません。

参考.効果がなかったことは?

いろいろ試してきたわたしですが、効果がなかったなと思うことは

値段が高い市販の化粧水を使うです。

ニキビに良いとされている化粧水や、そこそこお値段が高い化粧水をたくさん使用してきましたが、全く効果がなかったです。

あくまでわたしの場合は、化粧水や乳液など基礎化粧品にお金をかけるよりも、生活習慣を正す・皮膚科に行って施術を受ける方が効果がありました。

まとめ 自分でできることをやりつつ、プロに頼りましょう

ニキビの原因は本当に人それぞれなので、理由が謎に包まれていますが

基本的な生活習慣に気をつけストレスのない生活をこころがけることが第一です。

それでもダメな場合は、皮膚科・美容皮膚科に頼りましょう。

わたしはめんどくさがって、病院になかなか行けませんでした。「ニキビくらいで病院行ってうざがられないかな…?」とか無駄なことを気にしていましたが、本当に無駄な考えでした。

ニキビは立派な病気です。少しポツリとできただけでも病院に行って良いのです。

病院によっては、改善が見られなかったり先生が合わないなどあると思います。

しかし、皮膚科は探せばいくらでもあるので、いろいろな皮膚科を巡って自分に合う病院を見つけましょう。